読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々、平凡暮らし

こんにちは。マルです。おしゃれな暮らしに憧れるけど、結局平凡に暮らしています。3歳娘の記録。フルタイムパート勤務中。

元気100倍!ママちゃんマン!

 

こんにちは。マルです。

毎年バレンタインには「お返しはいらないので、夫をよろしくお願い致します」という気持ちでチョコレートを渡していますが、いつも数人からお返しが来ます。

申し訳ない(;´д`)

 

f:id:mimimiwo330:20170316191043j:image

娘と渡したので、娘にぴったりなお返しをいただきました!

ありがとうございます。

 

 

 

 

私「ママ、お腹がすいて力が出ない……」

娘「はい、ハルまんじゅう、どうぞ!」

(ほっぺをちぎるような真似をして、ママに手を出す)

私「わぁい!もぐもぐもぐ……ん!元気100倍、ママちゃんマン!

娘「ぐふふふふふ」

(ナレーションの声っぽく)「ママちゃんマンは、ハルまんじゅうを食べると元気が出るのだ。」

娘「あははははは!ママちゃん!おもしれーなぁー!」

 

……という会話が、私と娘の中で流行っています(笑)

 

娘のおしゃべりが上手になり、会話のキャッチボールがスムーズにいくようになって、他の方が聞いたらバカバカしい会話も、私と娘にはとても楽しい(*´꒳`*)

娘が1人でお人形遊びしてる時にも、お人形のセリフを1人で喋っていますが、聞いていておもしろいです。

心の中で「そうきたか!」とつっこんでいます(笑)

 

 

 

OKB48選抜総選挙って知ってますか?

 

こんにちは。マルです。

また寒くなりましたね。

暖かくなったり、急に寒くなったり、気温の変化が激しいので体調を崩しやすい時期です。

皆様、ご自愛ください。

 

 

 

 

先日、地元のテレビ番組で文具店にて「OKB選抜総選挙」を紹介していました。

お気に入りボールペン選抜総選挙」らしいです。

もう第6回が終わったらしく、今まで全く知りませんでした。

文具店でボールペンを購入していたら広告があったりして気づくかもしれませんが、私のお気に入りボールペンは100円ショップのボールペンなので(笑)

 

f:id:mimimiwo330:20170316065845j:image

テキトーに書きました。汚くてすみません。

 

自宅は、ダイソーにある2本入りのボールペンをよく使っています。 

書き心地?みたいなのが好きなんですよね。

インクがサラサラっと出るというか……

 

PILOTのペン先が細いボールペンも好きだったけど、筆圧が強すぎてインクが出なくなる事もしばしば(笑)

名前なんだったかなー?

 

ちなみに仕事は、病院で働いてる友人にもらったもの(ノック式の片手だけで使えるタイプ)を使っています。

 

 

 

まさかのゴディバ!!

 

こんにちは。マルです。 

娘から「どうして、うみがあるの?」と聞かれました。

「どうしてかなー?」と言いながら答えを考えていたら、「おさかなのために、うみがあるの!」と娘が先に答えを出しました。

急に始まる「どうして◯◯?」に、ママは知識を高めていかなくては!(笑)

 

 

 

 

昨日はホワイトデーでしたね。

すっかり忘れていた私は仕事から帰って来て、テーブルの上に置かれた袋を見て、思い出しました。

 

f:id:mimimiwo330:20170314183047j:image

 

GODIVA

ゴディバですよ!

どうした?夫よ。

 

いや、どうした?は夫に失礼かもしれませんが(笑)

娘と一緒に作ったバレンタインのお返しに、GODIVAのチョコレート。

やったー(*´꒳`*)

何倍にもなって返ってきたー(笑)

娘と半分こしながら、大事に食べます!

 

パパちゃん、ありがとう!

 

 

 

 

 

歩こう、私は元気。

 

こんにちは。マルです。

一昨日はお休みだったので、娘と散歩しました(*´꒳`*)

 

f:id:mimimiwo330:20170313184757j:image

 

菜の花、梅の花、たんぽぽ、オオイヌノフグリ河津桜、落ち椿……様々な花がキレイでした。

まだ風が冷たかったので日向を選んで歩き、電車にバイバイしながら、たくさん歌いました。

♪ 歩こう  歩こう  私は元気〜♪

♪歩くの大好き  どんどん行こう♪

 

娘も数ヶ月後には4歳になるので、以前に比べると長く歩けるようになりました。

1年くらい前には帰り道で抱っこしていたような……たくましく育っていますね(^-^)

 

 

我が家の目の前は海なので、帰り道で流木を拾いました。

先日、流木にフェイクグリーンを合わせた雑貨を販売しているのを見てから、自分でも作れそうだなぁ〜作ってみようかな〜と思っていました。

試しに作ってみようと思います\(^o^)/

まずは下処理をしなければならないので、まだ先になりそうですが。

 

 

 

 

いつも自分の名前をフルネームで言う娘。

 

こんにちは。マルです。

娘が「どうして、くるまがあるの?」「どうして、木があるの?」など、「どうして?」の質問をするようになりました。

うまく説明できない時は、「ママも、どうしてかわからないから考えてみるね。ハルも考えてみて?」と返します。

時々、「ハルがきいてるの!ママがきかないで!」と言われたりしますが(笑)

 

 

f:id:mimimiwo330:20170305201237j:image

 

うちの娘さん、自分の事をフルネームで呼びます(笑)

「◯◯ハルもたべる!」「◯◯ハルがする!」みたいに。

まだ3歳なので「わたし」とはなかなか言えない子も多いのではないかと思うので、そこは気にしてないんですが、だいたいの子は自分の名前だけを言いますよね?名字まで付けて、自分の名前をフルネームで言いますか?

 

夫や義父母はなぜ?と思ったようですが、私はすぐに理由がわかったので、娘が自分の事を「私」と言い出すまではフルネームで言うかもしれないなぁと思います。

娘がフルネームで自分の名前を呼ぶ理由は、保育園の同じクラスに同じ名前の子がいるので、先生が「◯◯ハルちゃん」とフルネームで呼ぶからです。

フルネームで呼ばれることに慣れているため、自分もフルネームで言っちゃう。

 

娘の名付けをした時、そんなに同じ名前の子がいるなんて思いもしなかった。

漢字は違うみたいですが。

意外といるんだなぁと保育園に入ってから思いました。

 

スーパーでも「◯◯ハルね、これたべたい!」と大きな声で言うので、私の名字までバレバレで少し恥ずかしいですが、おもしろいなぁと思いながら聞いています。

 

 

 

 

ラプンツェル、見ました?

 

こんにちは。マルです。

一昨日の夜は塔の上のラプンツェルが放送されていましたね。

いつもは20時に布団へ入り、遅くても21時に寝ている娘も、私と一緒に観ました。

滅多にない夜更かしで、次第にボケ〜っとしつつ、「さいごまでみる!」と気合いで起きていました。

 

f:id:mimimiwo330:20170311191433j:image

 

写真のラプンツェル、夫の友人からいただきました。

プリキュアにどハマり中の娘は、まだディズニープリンセスがよくわかっていないので、「わー!ラプンツェルだよ!プリンセスだよ!」と説明しても、まぁまぁな反応だったのですが、一昨日のラプンツェルを観ながらコレだ!!と気づいたらしく、ラプンツェルを片手に一緒に戦っていました(笑)

 

様々なプリンセスがいますが、私のNo. 1プリンセスは……娘です!

はい、親バカです。

我が子が1番かわいいプリンセスです。

ラプンツェルのお父様である王様が涙を流すシーンがありますが、つい私まで涙してしまいました(^^;)

だって、娘が拐われてしまい、十何年間も行方がわからず、毎年娘を想ってランタンを飛ばすなんて!泣くわ!

最後は本当の両親に会えてめでたしめでたしなんですが、「赤ちゃんの頃に拐われて他人に育てられて最後は両親の元に戻った」とだけ聞くと、映画「八日目の蝉」を思い出してしまうのです。

 

映画「八日目の蝉」は衝撃的でした。

(ネタバレ含むので、知りたくない方は下の文書を読まないでくださいね。)

 

誘拐犯なのに、血はつながっていないのに、しっかりと愛がある「母親」なんです。

いつまで続けられるかわからない母と子の関係を不安に思いながらも大事に育てていく姿に、誘拐犯にもかかわらず、警察に見つかり、別れてしまうシーンでは嗚咽するくらい泣きました。

「赤ちゃんの頃に拐われて他人に育てられて最後は両親の元に戻った」という点は同じでも、全く違う映画ですね。

 

話がラプンツェルから変わってしまいましたが(笑)、どんな映画もドラマも、つい親目線で見るようになったなぁと感じました。

 

 

 

私が笑うと、娘も笑う。

 

こんにちは。マルです。

ゴリラの真似をしたら、娘から「やめて!」と真顔で怒られます。

リアルすぎて怖いそうです。

 

 

f:id:mimimiwo330:20170305203613j:image

 

「魔の3歳児」「悪魔の3歳児」真っ最中の娘は、口が達者です。

やっぱり子育てしていると、疲れていたりして心に余裕がなくてイライラしちゃうこともあるわけですよ。「感情的に怒らずに、冷静に諭す」なんてできない事もあるよ。

はっきり言っちゃうよ。私、パーフェクトママじゃないもん。

でも、感情的になってしまうことを開き直っていいじゃん!って思ってるわけでもありません。

できることなら、「感情的に怒らずに、冷静に」なりたいです。

つい感情的になってしまったら、娘にちゃんと謝ります。

「ママ、怒りすぎちゃったね。ごめんなさい。」と話して仲直りのギュー(抱っこ)した後に、なぜ叱ったのか何が悪かったのか、できるだけ優しく説明します。

 

つい注意してばかりになるけど、娘とたくさん笑いたい。

当たり前の事だけど、「私が笑うと、娘も笑う。」

テレビを観て私が笑っていたら、娘も私を見ながら笑っていました。「ママ、おもしろいねー」と言いながら。

テレビの内容はよくわかっていないはずだけど、ママが笑っているからつられて笑っちゃう。

娘も、笑っているママがいい。

ママも、笑っている娘がいい。

 

当たり前の事だけど、日々忙しい中で忘れちゃいがちな私は、改めてそう感じる今日でした。