日々、平凡暮らし

こんにちは。マルです。おしゃれな暮らしに憧れるけど、結局平凡に暮らしています。3歳娘の記録。フルタイムパート勤務中。

甲状腺機能低下症 慢性甲状腺炎

 

こんばんは。マルです。

夫が腹を立てて、棚に八つ当たりしたら穴が空きました。

それだけで買い換えるのはもったいないし、穴が空いた所に100円ショップで買った紙のフォトフレームを貼り付けました。

 

f:id:mimimiwo330:20161031214655j:image

とりあえず、これでよし!(笑)

 

 

 

タイトルが漢字ばっかりで、なんだか違和感がありますが……

甲状腺機能低下症    慢性甲状腺炎

私の持病です。

 

私の母も、母方の祖父も、バセドウ病でした。

甲状腺の病気は遺伝の関係があるらしく、母から20歳過ぎたら検査してみた方がいいかもしれないと、子どもの頃に言われていました。

それを思い出し、当時勤めていた職場の看護師に相談したら「うん。確かに。喉が腫れてるよね。」と。

横から見ると、喉の辺りが膨らんでいます。指摘されるまで気づいていませんでした。

健康診断の時に職場で追加の血液検査をしてもらった結果、TSH  甲状腺刺激ホルモンが低過ぎて測定不可になっていました。

結果を持って、有名病院へ受診。それから今もずっと通っています。

 

私の場合、T3とT4の数値に異常なし。TSHがいつもLOW状態。甲状腺そのものが人より3〜4倍腫れています。

代謝ホルモンに異常はないから普通に生活してるし、具合も悪くない。

しかし、産後は一過性でしたが、甲状腺機能亢進症になっていました。その時は、半年くらい戻らなくて自宅で絶対安静。母乳育児だったので入院できず、布団の上で過ごす日々でした。

 

妊娠した際に、娘が先天性甲状腺機能低下症になっていないか心配でしたが、検査は陰性。

私の場合、代謝ホルモンには異常がなかったので、主治医から「大丈夫だよ。安心して。」と言われていました。

万が一、先天性甲状腺機能低下症になっていても、ちゃんと治療法があるということも知っていたので、お腹のあかちゃんが元気に育つように願うだけでした。

 

定期受診する度に「身体はどう?」と聞かれるんですが、これがわからないんですよ(^^;)

仕事で疲れてるのか、甲状腺の関係で身体がキツイのか、全く自己判断できません(笑)

産後一過性の亢進症の時も、これが噂で聞く産後疲れか……と思っていたので。

主治医には、ハッキリと「自分ではよくわかりません。」と言います。

 

多分、一生付き合っていかなきゃいけない持病だと思うので、完治は期待していませんが、願わくは悪化しませんように。