読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々、平凡暮らし

こんにちは。マルです。おしゃれな暮らしに憧れるけど、結局平凡に暮らしています。3歳娘の記録。フルタイムパート勤務中。

数字の6は、なぁに?

娘ハル 自分マル

 

こんにちは。マルです。

最近、お弁当としてホットサンドを持って行くのにハマっています。スープと一緒に。

うまし!!

 

 

 

「数字のうた」ってわかりますか?

♪   数字の1は、なぁに?

♪   工場のえんとつ!

ってやつ。

あの歌をうたえば、娘は数字が読めるようになりました。

 

f:id:mimimiwo330:20161207213243j:image

 

どっちが多い?少ない?という問題は、ずいぶん前から間違わずにわかっていたので、あとは数字が読めたらいいなぁと思っていました。

保育園で数字のうたを歌うみたいで、口ずさんでいた娘を見て、試しに数字カード(厚画用紙で手作り)を見せたら半分くらい当て、残りは数字のうたを歌うとすぐに当てました。

 

「すうじの1は なーに?」が歌い出しの『すうじのうた(数字の歌)』は、1950年代後半にキングレコードより発売された幼児向けの童謡。作詞:夢虹二、作曲:小谷肇

引用元「すうじのうた 童謡

 

へぇー。随分と前に作られた歌なんですねぇ。

歌詞を読むと、随分前に作られたんだろうなぁと言って印象でしたが、やっぱり随分と前でした(笑)

昔はカカシが弓矢を持っていたのかな?

私が知ってるカカシは持ってないんだけどね。

 

「数字の6は、なぁに? ハルのお〜な〜か!」

「ちがうー!!」

というやり取りが楽しい今日この頃です。