日々、平凡暮らし

こんにちは。マルです。おしゃれな暮らしに憧れるけど、結局平凡に暮らしています。3歳娘の記録。フルタイムパート勤務中。

「母としての自分」が最優先

 

こんにちは。マルです。

同じ布団の中に入っている娘が「ママ、ハルがおおきくなってもいっしょにねようね。」と言ってきました。

かわいすぎか!!(親バカ)

ここぞとばかりに、中学生になっても高校生になっても一緒に寝る約束をしました(笑)

 

 f:id:mimimiwo330:20170103205855j:image

 

世の中には様々な考えがあるので、自分の考えが正しいかはわかりません。

もしかしたら間違っているかもしれない。

数年後には考えが変わってるかもしれない。

「今の私」は、そう思うんだよーという記事です(^_^)

 

 

娘を産んで母親になって、私の人生での優先順位は「娘」が一番になりました。

日々の生活の中で、娘を中心に動いています。

そうすると「妻としての自分」より「母としての自分」が優先です。

夫には申し訳ないけども (^^;)

 

先日、夫が私に言いました。「いつもハル(娘)が中心の生活だよなぁ。しかたないけど。」と。

私にとっては、娘を産んだ時からそれが当たり前の事だったので、今頃そう感じている夫に驚きました。

夫を責めているとかではなくて、娘を中心とした人生になっている事にすーっと溶けこんでいた私は、改めて「そうだなぁ」と思った出来事でした。

 

「子どもを最優先」の考えは自己啓発とかでもなくて、子を中心とした生活の中で、個人として妻としての自分もちゃんとできている人って、どうやっているのだろう?と不思議です。

私には余裕がなくて、娘を中心にするのが精一杯。

どうしても妻としての自分は、後回しになっちゃう。

仕事も美容も育児も家事もイキイキとしていてキラキラ輝いてる人は、私とは比べ物にならないほど心に余裕があるんだろうなぁ。

正直うらやましいけど、私が真似したところで無理しすぎる結果になるのは見えています。

 

だから、やっぱり「母としての自分」>「妻としての自分」になっちゃう。

私には、それが一番いい。

夫も「父としての自分」>「夫としての自分」だと思ってくれたら、私の考えを理解してもらえるけど……どうなのかな?

もしかしたら、うちの妻は魅力がなくなったと思われているかもしれない (^^;)

でも「娘が最優先」を変える事は今の私にはできないから、そんなものだとあきらめていただこう(笑)

 

娘が大人になって手が離れても、ずっと母親として娘を優先できたら、私は幸せだと思うのです。