日々、平凡暮らし

こんにちは。マルです。おしゃれな暮らしに憧れるけど、結局平凡に暮らしています。3歳娘の記録。フルタイムパート勤務中。

奥歯の乳歯をシーラントしてもらった。

 

こんにちは。マルです。

娘の歯をフッ化物塗布してもらうために、歯科へ行きました。 

f:id:mimimiwo330:20170114213626p:image

イラスト無料素材/こどもや赤ちゃんのイラストわんパグ

 

保育園での歯科検診も、3歳6ヶ月検診も、どちらも虫歯はないと言われたのですが、1つ白濁している部分があり、心配なので歯科で相談しました。

虫歯になる前の状態らしく、家ではフッ素入りの歯磨き粉などでよく磨いてあげて、保育園では来年度からフッ化物洗口が始まるので、また半年後くらいに受診してチェックしましょうかとのこと。

他の歯はキレイなんですけどね……と。

 

保育園では歯磨きの練習が始まったばかり。

家では朝と寝る前にしっかり磨いていたつもりだったので、白濁が虫歯になる前の状態だと聞いた時は少しショックでした(;ω;)

 

心配そうな顔をしていたからなのか、上下奥歯の8つをシーラントしておきますかと聞かれ、説明を受けました。

溝に虫歯ができやすいので、それを予防する効果があるらしく、シーラントも賛否両論あるかとは思いますが、お願いしました。

 

子どもの状態(泣いたり暴れたり)によっては何回かに分けますと聞き、うちの怖がりな娘はどこまで我慢できるのか……と心配しつつ、片手にハンカチを握らせ、もう片手はママの手を握ってもらいました。

歯科衛生士さんが娘に1つ1つ優しく丁寧に説明し、私は「わあ!すごい!」「痛くないね!よかったね!」「さすが3歳のお姉ちゃん!」などと褒めちぎる作戦を遂行しながら(笑)、なんとか右上下奥歯が終わりました。

あまり長いと我慢ができないと判断されたのか、左上下奥歯は次回にと言われ、2週間後に同じように頑張った娘。

 

シーラントしたからといって絶対に虫歯にならないわけではないし、今まで通り毎日の仕上げ歯磨きをしっかり頑張らなくては!と思います。

 

ちなみに、フッ化物塗布はシーラントが全て終わってからしました。